これが東京の合唱団の活動内容だ

東京には地方と比べ、かなりの数の合唱団が活躍しています。もちろん地方もそれなりに活発ではありますが、合唱人口は、単純な人口比から見ても、東京が多くなるのは当然です。それぞれが年齢層や対象としている演目などの特徴を持ち、主な活動地域などもおおよそのところが定まっています。どこに参加しようかと悩んでいるときには、そういった特徴から考えてみるのがおすすめです。また活動の場が多いということも、活性化する要因の一つとなっています。文化的なイベントの機会も多く、合唱団を必要としているものもそれなりにあります。ほかの文化とのコラボレーションといったアプローチも盛んですので、いろいろと挑戦できる可能性があるのも、東京の合唱団の特徴といえるでしょう。

東京の合唱団の主な活動内容とは

週に1回ほどの練習日があり、その日に合同練習を行っている合唱団が多くみられます。社会人が中心になっていれば、平日のアフターファイブや土日の昼間に行っているところがほとんどですが、対象となっている年齢層や職業によっては、また若干の特徴がみられます。これからの参加を検討している人は、活動地域と合わせて、継続的に参加しやすいところを探すとよいでしょう。東京および各地の合唱祭への参加やコンクールへの参加、定期的な発表会など、お披露目の機会を各合唱団が年に数回持っているものですが、それによって練習を重ねる団員のモチベーションも上がるものです。特に対外的な目標をもって練習に臨みたい人は、コンクールや合唱祭、イベントへ、積極的に参加している合唱団がおすすめです。

東京の合唱団の特徴的な活動内容

合唱といえばクラシック。特に5大レクイエムと言われるモーツァルトやブラームス、フォーレ、ヴェルディ、ブリテンなどを演目として押さえている合唱団も少なくありません。イベントで、大学、社会人サークルなどオーケストラとの公演を行います。しかし中には、演目にポピュラーや愛唱歌も加えている合唱団も見られます。柔軟性によって、参加イベントも広がってきます。東京の場合、いわゆる「攻めているイベント」というものが、地方よりも開催しやすい環境にありますので、合唱団も「新たな挑戦」が与えられる機会もおのずと増えてきます。「挑戦」を第一目的にしているのであれば、柔軟性や多文化とのコラボレーションに積極的な合唱団もあります。どの合唱団も申し込めば、入団前に見学もできるようになっています。

教室は都営新宿線「船堀」からすぐ近くにあり、好アクセスです。 会員だけが出演できる「定期演奏会」があります。 0歳からシニアの方まで、初心者から上級者まで、すべての年代、レベルに対応しています。 当社の音楽教室では、幅広い年齢層やレベルの方たちを対象にそれぞれの目標に応じた効果的なレッスンを行っています。 合唱団なら東京の小林音楽教室にお任せください